2016年12月08日

「Minka 大晦日のパーティ 〜豚の丸焼き、今年もあるかも!?〜」 参加者募集のお知らせ

大晦日のパーティ、今年もやります

地元の人と親睦を深め、一年の労をねぎらう目的で始めた大晦日のパーティも、今年で4回目。
これまでは、ご宿泊のお客様と関係者だけの内輪のパーティでしたが、今年はいつもより「やや広く(※)」参加者を募集いたします。
※ やや広く...家が小さいため、スペースに限りがございます m(_ _)m

食事・ドリンク込でお一人様 3.5ドル
(ご宿泊のお客様と関係者は無料)

イスラム教の方と結婚したドライバーをパーティに誘えなかったり、「豚の丸焼きより魚や牛がいい!」といった意見もあって、現在メニューは検討中ですが、まぁ 95パーセント 豚の丸焼きです。

バラバラと集まり、食べて飲んで、バラバラと解散する、そんなゆる〜い会です。お気軽にご参加ください。

...って、こんないい加減なお知らせで、参加してくれる人がいるんでしょうか (;^_^A

今年は張り切ってチラシを作りましたので、年末年始シェムリアップに行くぞ!という方、ぜひご覧ください。
また、年末年始シェムリアップへ行く人を知ってるぞ!という方、ぜひシェアしてください。
(チラシをクリック/タップすると画像のページが開き、表示されたチラシをクリック/タップすると大きく表示されます。)

End of the Year Party2016_jp.jpg

更に調子に乗って英語バージョンも作りましたので、一応アップしておきます。

End of the Year Party2016_en.jpg

最後は、去年豚を焼いてくれたKongさんの写真で。
この人、豚焼きながら酔っぱらって、パーティが始まる前に帰ったんだよなぁ、、、たのむから今年はちゃんと参加しておくれ。

_DSF3075.JPG

ではでは、大晦日の夜 Minkaで会いましょう


 
posted by minka at 22:18 | Comment(0) | Minka のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

ハスに囲まれたレストラン

Minkaに興味を持ってくださる方は、どちらかと言うとローカルな雰囲気を好まれる方が多いようです。
「地元の人にまじってゆっくりしたいわぁ〜」という皆さま、こんなところはいかがでしょう?

_DSF3427.JPG

IMG_0263.JPG

という訳で、ハスに囲まれたこちら、友人の親戚がやっているレストランです。ハスが綺麗でいいですねー。

あずまやは全部で6つか7つありますが、1つのあずまやに1グループなので、天気が良かったこの日は昼前にすでにいっぱいでした。やや小さめの造りなので、4〜5人のグループにお勧めです。

メニューはクメール語、メニューに記載された番号へ電話をかけて注文するので、ここはドライバーがお手伝いします。

厨房はこちら。
Minkaを始めた頃に遊びに来てくださった皆さま、覚えていますか?(かなり見づらいですが...)奥に小さく写っている帽子の人、実はMinkaの初代スタッフ マウちゃんです。結婚・出産を経て、今はこちらのコックさんです。時が経つのは早いですねぇ。

_DSF3433.JPG

網の上で焼かれているのは、写真左から貝、カエル、ネズミ、ブタ。

_DSF3439.JPG

私たちが注文したのはこちらパパイヤサラダにネズミの炭火焼き、小エビの揚げ物と魚の炭火焼き。

_DSF3444.JPG

_DSF3446.JPG

_DSF3448.JPG

私と夫と娘、義母と姪っ子の5人で食事をして、15ドル弱でした。
ここのハスはあと少しで終わりかなぁ...という気もいたしますが、ハスが綺麗な時期にシェムリアップへお越しの方、ぜひお立ち寄りください。

さてさて、この場所、実は以前このブログで紹介したことがあるんですよ。友人たちと釣りをして遊んでいた場所なんですけど、当時はこんな感じでした

晩ご飯は...釣った魚とヘビとネズミ:
http://blog.minka-siemreap.com/article/405582810.html

_DSF0734.JPG

_DSF0731.JPG

何もないけど、これはこれで楽しい


 
posted by minka at 14:16 | Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

孵化する前のアヒルの卵 ポンティアコーン

随分サボっておりまして、4ヶ月ぶりの投稿です。

こちら、孵化する前のアヒルの卵を茹でたものでございます。
近隣の国でも同じものを見かけますが、カンボジアでは「ポンティアコーン」と呼ばれております。

IMG_0214.JPG

殻のてっぺんをスプーンでコツコツと突いて割り、お汁をちゅるっと吸います。
カンボジアでは写真のように、殻を剥いた卵を香草と合わせていただくことが多く、味付けは塩・コショウ・ライム(レモン)が一般的です。
味・食感は基本的に、肉とたまごですが、成長具合によって違いはあるかと。

昼間、市場や路上で売り歩いていたりもしますが、どちらかというと夜に食されることが多いようで、夕方から開店するデザート(かき氷やフルーツジュース)の店で、1度に3つ4つ注文している人をよく見かけます。これはデザートなのか?? という疑問が毎度わいてきますが、それについては未だよく理解できていません。
写真のポンティアコーンは、我が家が長年通っているチャーハンの店でテイクアウトしました。

子どもにも大人気なこちら、どうですか? グロテスク?
久々の投稿でこの写真もどうかと思ったのですが、割ってみたらあまりにも完成形に近い(というか、もう完成してる?)卵があったので、思わず撮ってしまいました。
孵化する前と言っても、まだ形が分かりづらいものから、今にも...な直前なものまである訳で、残酷に思うこともありますが、これも食文化の違い。命をいただいているって実感しますね。


 
posted by minka at 20:05 | Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。