2014年12月09日

カンボジア鍋

日本は鍋の季節ですね。
野菜がたっぷり食べられて、冷蔵庫の掃除にも一役買ってくれる鍋料理は、主婦の味方です
そんな訳で、カンボジアは年中暑い国ですけど、我が家の食卓には、ときどき鍋料理が登場します。

すき焼き、水炊き、寄せ鍋、おでん、しゃぶしゃぶ、もつ鍋...いろんな鍋がありますが、日本を代表する鍋って何でしょう?
カンボジアで鍋といえばコレ、スープチュナンダイ(=土鍋のスープ)。最近は金属製の鍋が増えましたが、本来は土鍋を使います。

_DSF0484.JPG

優しい味のスープに、肉、野菜、キノコ、湯葉、麺などをたっぷりと。
写真に写っている肉は、薄切りの牛で、生卵に絡めてから鍋に入れます。
薄切りの肉以外にも、肉団子、ホルモンもたっぷり(牛の脳みそも!)で、ビールが進みますビール

_DSF0479.JPG

スープそのままの味を楽しんでもよし、甘い味噌のようなつけダレを絡めてもよし、辛いのがお好きであればつけダレに唐辛子を入れて。

因みに牛の脳みそ、白子のようなふんわりとした食感で、美味しいです。が、BSEの問題もあって、気持ち悪いと思われる方もいるかもしれませんね。店では具を選べますので、ご安心を。

カンボジア鍋の店、いくらか食べ比べてみましたが、スープやつけダレの味が店によって違います。
カンボジア料理は、比較的甘めなものが多いのですが、気のせいか?田舎へ行くほど甘めでマイルドな気がしました。

街中には、ガイドブックに掲載されるような観光客に人気のカンボジア鍋店もあります。
が、Minka がお客様をよくご案内するのはこちら

_DSF0476.JPG

何年前から営業しているのか知りませんが、私が初めて行ったのは10年くらい前、それよりもっと前から営業していたと夫。
当時、この辺りには電気も通っておらず、離れにあった真っ暗なトイレでガタガタの扉が開かなくなり、蹴飛ばして破壊した思い出?のある店です。ゴメンナサイ。

_DSF0477.JPG

店の前に流れる川は、雨季によく溢れ、店もときどき水に浸かります。
それでもお客さんがいたりするんですよ。地元の人に愛されている店です
それゆえ、ご案内したときに「売り切れ」だったり、具がほとんどない日もあったりするんですが...

ガイドブックに載っていないローカルな店でカンボジア鍋を楽しみたいという方、カンボジア鍋は食べてみたいけれど一人だから行きづらいという方、ぜひ Minka へご連絡ください


 
posted by minka at 12:57 | Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする