2014年07月30日

プノンクーレンでピクニック

先週末、久々に家族でプノンクーレンに行きました。

DSC_1564.JPG

FH000029.JPG

聖なる山 プノンクーレンには、滝や川底の彫刻、岩の上に横たわる仏像、寺院や彫像などがたくさんあります。

DSC_1552.JPG

DSC_1559.JPG

DSC_1570.JPGDSC_1580.JPG

仏像...背中が落書きだらけ

DSC_1561.JPG

DSC_1563.JPG

DSC_1565.JPG

ピクニックをしたり、滝で水遊びをしたり、家族や友人と遊びに来たカンボジア人や観光客が、こんなにたくさん

_DSF0496.JPG

_DSF0502.JPG

_DSF0516.JPG

女ターザン??

_DSF0517.JPG

山の上には屋台もあります。カセットコンロや鍋、食材を持参しているグループも見かけます。

DSC_1582.JPG

ところで、この山には夫にとって特別な女の子がいます。夫が彼女と出会ったのは、もう10年以上前。彼女はおそらく小学校低学年くらいの歳だったと思います。
彼女は、家族とこの山に住んでいました。その頃、近くに学校はなく、彼女は家の仕事を手伝ったり、参拝客が脱いだ靴がなくならないよう見張ったり、観光客に山を案内したりして、お金を貰っていました。

当時も観光ドライバーだった夫は、観光客と山を登るたび、家族で山へ遊びに行くたび、この子に靴の見張りや道案内を頼んでいました。
私も年に一度か二度、夫や夫の家族とこの山へ遊びに行っていた時期があるので、彼女には何度か会っています。何度も行っているので、道案内なんてなくても平気なのに、それでも彼女を探して、彼女にお願いするんです。当時の写真です

FH000027.JPG

そんな彼女と会わなくなってから、かれこれ5年くらいは経つでしょうか...
私たちが日本に引っ越したり、子どもが小さかったりして、暫く山へ行っていなかったのですが、ようやく先週末行ってきました。
いつも彼女がいた辺りを探してみたのですが、残念ながら、彼女を見つけることはできませんでした。山を下りたのかもしれないし、山のどこかですれ違った子連れの女性が、実は彼女だったのかもしれません。いずれにしても、彼女が今幸せであることを願います


 
posted by minka at 18:47 | Comment(0) | 楽しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

昆虫食のすゝめ コオロギ

ここ1〜2ヶ月、市場に虫が目立ちます。こちらはコオロギ。
食べやすいコオロギは、カンボジア人に人気です。揚げたコオロギは、両手に軽くいっぱいくらいの量で、だいたい2500〜5000リエル(≒0.6〜1.25$)で売られています。
私がよく行く市場調べ。日によって値段が違います。

DSC_1298.JPG

日本でもイナゴを食べますよね。ハチの子だって美味しいし。コオロギも香ばしくて美味しいのですが、結構いいお値段なので、私はそのお金でお肉を買いたいのです
でも、家族で買い物に行くと、我が家のカンボジア人と娘が虫の前で立ち止まり、つまみ食いをはじめるので、結局買うことになります。

DSC_1296.JPG

DSC_1297.JPG

たしかに虫が増えた気がします。家の中にも、ときどきコオロギやバッタが跳ねているのですが、娘は「虫がいるから助けて〜」と言ってきます。 デモ、アナタ、ソレ、タベテマスヨ...

近所にも、虫をとる装置を設置したお宅が何軒かあります。田舎に行くと、結構見かけます。間に合わせでレインコートを吊っているのは、斜向かいのお宅のものです。

DSC_1502.JPG

夜になると、上部に取り付けられた虫とり専用の電気が青白い光を放ち、虫が集まってきます。跳ねた虫がビニールシートに当たり、下に張られた水に落ちる。コオロギって水に弱いそうですね。こんなので捕れるのかと思っていましたが、大猟だった斜向かいのお宅から「分けてあげようか?」と、声をかけていただきました。当然ナマですよね?...ぃ、ぃえ、今は結構です。

DSC_1518.JPG

世界の人口増加による食糧不足が懸念されています。栄養源の一つとして、タンパク質が豊富で栄養価が高い昆虫を...って、NHKのニュースでもやっていましたが、そう、見た目がねぇ
その点、サクッとカラッと揚げたコオロギは、まだとっつきやすいほうです。まずはここから試してみては?

DSC_1473.JPG

国連食糧農業機関の担当者が言ってましたよ。「人の好みは変わるのよ、欧米では寿司(生魚)だって20年前は食べてなかったわ。」 んー、確かに。慣れるしかないようです。


 
posted by minka at 19:24 | Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

カンボジアサーカス Phare <ファー> を見た

娘に「お誕生日のプレゼント、何がいい?」と尋ねたら、「サーカスに行く!」ということで...
先日、カンボジアサーカス Phare <ファー> を見てきました。5歳未満の娘は無料 ラッキーw
奥に見えるのは、シェムリアップに常設されているテントです。

_DSF0394.JPG

バッタンバン州でサーカスや美術・音楽などの学校を運営している非営利団体(Phare Ponleu Selpak)があって、日本のテレビで紹介されたり、来日公演もあったそうなので、Phareについてご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。

_DSF0399.JPG

ステージ正面の前列が、ちょっとお高い席になっていて、以前こちらで鑑賞されたMinkaのお客さまの情報によれば、特別なプレゼントがあったとか。何か知っていますが、ナイショにしときます
私は普通の席でしたが、客席とステージがすごく近いので、よく見えましたよ。楽器の音を生で聞けるのもいいですね

_DSF0402.JPG

いくつかの演目があるようですが、この日のテーマは「お化け」。
子どもにも分かりやすいテーマでよかったです。クメール語を知らなくても、だいたい理解できる内容でしたが、スクリーンには日本語字幕も出ていました。

_DSF0404.JPG

_DSF0406.JPG

コミカルで庶民的なシルク・ドゥ・ソレイユ?とでも言いましょうか、ボールを何度も落としちゃっても、ロンダートの足が美しくなくても、演じている人が楽しそうなところがいいです
観客は大盛り上がり、娘も小さい手をぱちぱち叩いて大喜びでした。

_DSF0407.JPG

_DSF0408.JPG

そうそう、ローシーズンなのに、たくさん観光客がいてビックリしました。ほんと人気なんですね。
また別の演目も見に行こうと思います。

_DSF0410.JPG

で、最後はお約束のコレ 穴があったら覗きますw

_DSF0411.JPG


 
posted by minka at 12:53 | Comment(0) | 見る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする